2回目以降のご予約はこちらから 予約フォームへ

【記事】加圧トレーニング知ってますか?メリット・デメリットまとめました

中野トレーニングジム

みなさまこんにちは!「中野駅 中野南台 パーソナルトレーニングスタジオ Remix」です!
今回は、加圧トレーニングについてまとめました。加圧トレーニングは流行した事で多くの方に知られるようになりました。

何となく、「加圧してトレーニングする」事だと知られているとは思うのですが、そのメカニズムやメリット・デメリットを知る事により、トレーニングの選択ができると思いまとめました!

目次

加圧トレーニングとは?

加圧トレーニング機器

加圧トレーニングとは、腕の付け根や脚の付け根に専用のベルトを巻き、適切な圧をかけ、血流を制限した状態で行うトレーニング方法です。

加圧トレーニングの最大の特徴は、1回30分程度の短時間、そして通常の筋力トレーニングと比べ軽い負荷のトレーニングで筋力アップなどの効果が得られることにあります。

そのため、筋力アップを目的とした場合には、効率よくトレーニングができます。

当店のパーソナルトレーニングでも、取り入れています。

加圧トレーニングのメカニズム

加圧トレーニングのメカニズムは、こうなっています。

STEP
加圧した状態で運動を行うと、筋肉内の血流量が不足し、軽い負荷でも筋が酸素不足の状態になり、血液中の乳酸濃度が急激に上昇します。
STEP
加圧時に高まった乳酸が筋肉内にある受容体を刺激して、脳の下垂体という部位から成長ホルモンの分泌を促進します。

この成長ホルモンが、タンパク質の合成を促したり、体脂肪を遊離脂肪酸の形で血中放出しエネルギーとして利用されるのを促進したり身体へ様々な効果をもたらします。

STEP
加圧中は一時的に血流が減少したと脳が判断し、全身の血流量を増やすよう心臓へ働きかけます。その結果、全身の血流量が増え、毛細血管の隅々まで血流が行き渡り血管が拡張します。
STEP
加圧トレーニングを継続的に行うことで、毛細血管が増加し血行が良くなる効果が期待できます。

さらに、加圧トレーニングは動脈硬化防止の効果も期待できます。通常、血管は加齢とともに硬くなり血液を送る力が弱くなりますが、この血管の弾力性に大きく関わるのが、血管の最内層にある血管内皮細胞です。

血管内皮細胞は一酸化窒素を生成し、血管壁の収縮・弛緩の調整を行うため、加圧トレーニングを継続的に行うことで、この一酸化窒素の分泌が促進されるという臨床研究データが出ています。

加圧トレーニングの効果(メリット)

主なメリットは、下記の4つです。

  • 筋肉量の増加
  • 脂肪燃焼の促進
  • 血行促進
  • 美肌効果⇒成長ホルモン分泌促進により代謝が促進されることにより、美肌に!

当店のパーソナルトレーニングを行っているお客様からも、効果を実感するお声を頂いています。

加圧トレーニングのデメリット

トレーニング方法においてはどれもそうなのですが、デメリットがあるので、その部分を補いながらトレーニングすることが望ましいです。例えば、

・30分という短時間ですが、筋肉が疲労する感覚がしっかりあるためキツイと感じる場合がある
・腕の加圧中は正座をしたあとの様に痺れた感覚があるため、それが苦手な方もいる
・低負荷で筋肉を疲労されることを目的に行うトレーニングなのでスポーツのパフォーマンス向上には加圧のみでは不十分。

アスリートやスポーツのためにトレーニングを行う方は加圧は補助的に行うのが良い

加圧トレーニングがおススメな方

運動不足で筋肉をつけたい!でも運動が苦手でなるべく短時間がいい・・・という方や、健康増進・アンチエイジングが目的の方におすすめです。

当店のパーソナルトレーニグメニューにてご体験頂けます!

Remixでは、加圧トレーニングもご体験頂けます!気になった方は、是非、体験ページよりお申し込みください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
それぞれの目的に合ったトレーニング選び、トレーニング継続方法のご参考になったら嬉しいです。

中野駅 中野南台 トレーニングスタジオ Remixについてはこちら
Remix各種メニューの体験はこちら
RemixのInstagramはこちら

目次
閉じる